Tango Berretinによる生演奏ミロンガ

Tango Berretinは大阪タンゴ(ユカコ&マキシ)プロデュースのタンゴトリオです。彼女たちのように女性のみからなるバンドは数が少なくとても貴重な存在!

三人の奏でる優雅な調べとともに、当店で特別な一夜をお過ごし下さいませ。タンゴを踊られる方以外で、演奏を聴きにくるのみの方々も大歓迎でございます。

スケジュール

19:30 — 20:30 タンゴレッスン
20:30 — 24:00 ミロンガ(タンゴパーティ)
演奏は21:00から2部に分けて行ないます。

料金

  • ミロンガ 3500円(1 ドリンクつき)
  • 予約された方 3000円(1 ドリンクつき)
  • タンゴレッスン&ミロンガ レッスン料+2000円(1 ドリンクつき)

Tango Berretinプロフィール

柴田奈穂 / NAHO SHIBATA/ Violinist

6歳よりバイオリンを仙崎明子氏に師事。アストル・ピアソラの音楽を聴き衝撃を受けアルゼンチンタンゴに出会う。2002年、ミゲル・アンヘル・バルコス氏らの来日ツアー公演「タンゴ・アルヘンティーノ・ウナ・パシオン」に参加。
2003年アルゼンチンに短期留学し、フェルナンド・スアレス・パス氏に師事。

2005年には弦楽アンサンブルを生かした編成で Plaza de Fuente (プラサ・デ・フエテ)~泉の広場タンゴ楽団~ を結成。2006年 夏、バンドネオンのワルテル・リオス氏をはじめとするブエノスアイレストップミュージシャンたちとファーストソロアルバム「ブエノスアイレスの冬」を現地レコーディング、秋に発表。

現在、大阪タンゴ主宰の定期的なミロンガにて Tango Berretin というユニットでレギュラー演奏を勤めている。2009年Plaza de Fuente のファーストアルバム「ベルデスクロアンド」発表。これまで、タンゴ集団 EL FUELLE 全国ツアーに参加、テレビドラマ参加、タンゴ以外でも、多数のミュージシャンたちと共演。現在、タンゴで培った情熱的な音色を生かし、ジプシースタイルや即興など、ジャンルを問わず、全国各地サポートを含むさまざまなライブシーン、レコーディング、海外公演などでも精力的に活躍中。

吉岡 凛/Yoshioka Rin/ Piano

大阪音楽大学短期大学部卒業。幅広いタンゴのレパートリーを持ち活躍中。これまでに、地方自治体や朝日新聞社が主催するタンゴコンサートに多数出演。

2002年よりタンゴピアノを「アストロリコ」のピアニスト、平花舞依氏に師事。2005年と2008年にアルゼンチンに渡り、アベル・ロガンティーニ氏、ホセ・コランジェロ氏、アナリア・ゴールドベルグ氏に師事。現地でのタンゴコンサートや有名ダンスサロン等に出演し好評を博す。ダイナミックで情感あふれる演奏には定評がある。

タンゴ・コケータ(リーダーバンド)、タンゴ・ベレティンに所属。

力石 裕澄美/Chikaraishi HIt­omi /Bandoneon

5歳よりピアノを始める。

アストル・ピアソラの音楽に衝撃を受け、府内で催された小松亮太氏のコンサートでバンドネオンに魅せられ、京都バンドネオンクラブに入会。バンドネオンを小松亮太氏の楽団などで活躍する早川純氏に師事。現在、京都バンドネオンクラブの講習指導者の一人。

国内外数少ない女性奏者として様々なメンバー、タンゴバンドで、関西・東海地方を中心に活動中。